2017年07月13日

至仏山

梅雨明けじゃないかと思う暑い日曜日、山は涼しいだろうと2か月ぶりの登山へ。
しかし、天気が良すぎて、熱くて暑い。
水分不足で足はつるわ、アブに刺されて手はグローブのように腫れるはの苦行の登山となりました。
DSC02201.jpg

沼田ICから尾瀬戸倉の駐車場へ、乗合タクシーで7:30鳩待峠到着。
7:45 至仏山へのルートで山の鼻からは登専用なので
まずは尾瀬ヶ原へ下りていく。
DSC02205.jpg

DSC02206.jpg

DSC02208.jpg

8:45山の鼻着
少し休憩して尾瀬ヶ原を散策。
DSC02210.jpg

DSC02218.jpg

緑の中にワタスゲの白い綿穂がきれい。
DSC02228.jpg

DSC02215.jpg

DSC02226.jpg

9:20 至仏山へ登りスタート
DSC02233.jpg

一時間位登ると、森林限界を超え炎天直下。
DSC02234.jpg

振り返ると、尾瀬ヶ原と燧ケ岳。
DSC02241.jpg

山頂下のお花畑。
花は綺麗だが、暑さと急登でバテバテ。
DSC02249.jpg

DSC02243.jpg

DSC02256.jpg

DSC02260.jpg

山頂が見えてくる。
DSC02261.jpg

随分登ってきた。
DSC02262.jpg

雪渓の上は、涼しくてこの日はありがたい。
DSC02265.jpg

12:30 至仏山、山頂着。
DSC02276.jpg

DSC02270.jpg

DSC02272.jpg

山で歌を歌う人。
DSC02269.jpg

13:30 下山
DSC02279.jpg

小至仏山
DSC02281.jpg

至仏山を振り返る。
DSC02282.jpg

14:05小至仏山
DSC02283.jpg

16:20鳩待峠着
DSC02287.jpg

この時期いろいろな花咲いていて、物知りおじさんにいろいろ教えて
もらったが暑さでほとんど忘れてしまった。
望郷の湯に入って帰る。
DSC02258.jpg
ハヤチネウスユキソウ




























【登山の最新記事】
posted by MT at 15:58| Comment(0) | 登山

2017年06月26日

つかの間の夕焼け

DSC02191 (2).jpg
posted by MT at 07:35| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

夏つばき

アプローチに植えてある夏つばき。
25年経ち、2階の通路を覆うくらいまで成長して
階段の上り下りを楽しませてくれています。
DSC02187.jpg
posted by MT at 15:21| Comment(0) | 日記

2017年05月29日

隣町まで買い物

お弁当とビールを持って、山を超え隣町まで買い物。
一日掛かりで、時間の流れがゆっくりだ。
DSC02171.jpg
posted by MT at 11:04| Comment(0) | 日記

2017年05月10日

剣山

吉野川SAを6:00出発。
美馬ICで降りて、くねくね道のR438で見ノ越へ。
DSC02135.jpg

8:10また神社にお参りしてスタート。
DSC02136.jpg

登山リフトもあるが、それではあんまりなので高低差320mを登る。
DSC02137.jpg

9:00 リフト西島駅着。
さてどっちに行けばいいやら?
DSC02140.jpg

尾根道を行きたいが、とりあえず鳥居のある方へ。
DSC02141.jpg

途中から分岐があり尾根道を登る。
だんだん雲行があやしくなってくる。
DSC02143.jpg

DSC02144.jpg

大剱道と合流。
DSC02146.jpg

09:34 剣山本宮 頂上ヒュッテ着。
細かい雨が降りだし、防水のアウターを着る。
DSC02147.jpg

なだらかな草原の木道を山頂に向かう。
DSC02148.jpg

10:00 剣山山頂 山名のイメージとは違う平らな山頂。
何も見えない、雨も降りだす、ですぐに退散。
DSC02154.jpg

次郎笈まで行こうと思っていたがこの天候ではと早々下山。
帰りは、大剱道をくだる。
DSC02155.jpg

大剱神社、何やらすごい神様らしい。
DSC02157.jpg

11:40 見ノ越にゴール。
早く下山したので駐車場横の食堂で昼食。
名物に旨い物なしのそばを食べ、またくねくね道のR438を徳島に向かう。
DSC02160.jpg

長ーい山道を走り、途中の神山温泉に入る。
DSC02162.jpg

淡路島南PA夕食、長い仮眠をして帰路。
DSC02170.jpg

石鎚山・剣山共に眺望が望めず残念だったが、長い距離を移動しての
2座クリアーは達成感があった。















posted by MT at 11:34| Comment(0) | 登山