2014年09月28日

蓼科山へ

先々週、仙丈ヶ岳へ登った後は当分山はいいと思っていたが
登山&ツーリングも寒くなるときつくなるので、その前に蓼科山へ。
女神湖から白樺高原七合目の登山口へ。


20140927-1.jpg

10時登山開始
それほどきつくない登山道を登っていく。
20140927-2.jpg

蓼科山荘から、そんなに簡単ではつまらないでしょうと
急な岩場がつづく。
20140927-3.jpg

山頂は、わりと広い平らな岩場で、
360度展望が開ける。南東方向の八ヶ岳。20140927-4.jpg

先々週登った南アルプス。
20140927-9.jpg

白樺湖・ビーナスラインが見える。
20140927-5.jpg

もう少し経つと、紅葉がすばらしそうだ。
20140927-7.jpg

丁度この時間に御岳山が噴火していたようで、
後で写真を確認すると、噴煙らしきものが写っいた。
(中央白い雲の右上)
20140927-6.jpg

14時下山、下りの岩場は思っていたより怖くなく
順調に下りられた。
20140927-8.jpg

御岳山の噴火は帰ってきて知った。
自然の美しさと怖さを改めて思う。


























posted by MT at 15:57| Comment(0) | 登山

2014年09月25日

大鋸の家

木工事が終わり、内外装の仕上げ工事へ。
南側が3階建ての家でふさがれているので、
天窓で光を入れるようにしてあります。
20140924.jpg
posted by MT at 15:27| Comment(0) | 仕事

2014年09月15日

仙丈ヶ岳へ

連休天気がよさそうなので山へ行くことに。
しかし、登山口までが大変で・・・。
3時に家出発→
5時半に芦安の駐車場に着くが満杯→
何とか駐車スペースをさがし→
6時バス停へ行くが広河原行き9時のバスは満杯で乗れそうもないとの事で
乗合タクシーの順番待ちに並び→
10時半広河原着→
やっとここまで来たのに北沢峠行きのバスは12時半までない→
臨時便が出るかも判らないとの事で(田中 陽希さんみたいに峠まで走る人までいましたが)
私の脚力を考えると仙丈小屋に着けるかどうかと諦める→
11時半臨時便が出て12時北沢峠着(走った方はバスが追いつき途中で乗車)。
と9時間でやっと登山口。
20140914-3.jpg

急いで昼ごはんを食べ12時半登山開始。
14時半六合目、右の山が甲斐駒ケ岳。
20140913-1.jpg

15時小仙丈ヶ岳着。
仙丈ヶ岳が見えるが雲行きが怪しそうなので休む間もなく出発。
20140913-2.jpg

16時仙丈小屋着。
天候などが気になり、コースタイムより早く登れたが
すこし頑張りすぎたようで筋肉痛。
20140913-3.jpg

小屋からの眺め。
20140913-4.jpg

長かった一日が暮れていく。
20140913-5.jpg

翌朝、山頂へ。
富士山3776m・北岳3193m・間ノ岳3190mと
標高1位から3位。
20140914-1.jpg

日の出。
太陽が顔を出して光が射してくる瞬間、
生きる力を与えてくれるようで感動する。
(一眼を持ってくるべきだった。)
20140914-2.jpg

気温は2〜3度位か寒い。
20140914-4.jpg

来たルートとは別の馬の背から下山。
途中、昨日北沢峠まで一緒のご夫婦と出会う。
広河原で計画を諦めかけた時励ましていただき感謝です。
20140914-5.jpg

沢沿いを下って行く。
途中、崩落後の足場の悪いところもあり少しヒヤリ。
20140914-6.jpg

帰りの乗り継ぎは臨時便でスムーズに(立席ですが)いき13時半には
芦安の駐車場に着くが、車の渋滞で帰宅は20時。

交通機関の対応への不満はあったけど、久ぶりの好天の連休だし
ご来光は拝めたし良い登山でした。まだ百分の二。
































posted by MT at 16:46| Comment(2) | 登山

2014年09月08日

下高井戸の家

一年点検で下高井戸の家へ。
大きな問題なく、快適にすごされていました。
雨に濡れる緑がきれいで、家も落ち着いてきたような感じです
20140907.jpg
posted by MT at 14:21| Comment(0) | 仕事

2014年09月06日

ツーリング・登山

バイクで金峰山へ。
バイク6時間、登山6時間その他3時間
一日のメニューとしては少しハードでかなり疲れた一日。
川上牧丘林道で、車道峠としては日本最高所で2360mの大弛峠へ。
到着が遅くなり、ほぼビリケツで出発。


12時朝日岳到着。行程の四分の一も着ていませんが昼食。
遠くに金峰山が見えます。
20140911-3.jpg

2時前に金峰山着。
午後中ガスがかかり視界が悪かったが、
少し晴れてきて富士山も顔を見せてくれた。

20140911-2.jpg
20140911-4.jpg

金峰渓谷が見える。
20140911-6.jpg

山ガールは元気だ。
見ていたら私も登りたくなり写真を撮ってもらう。
20140911-5.jpg

帰りは、私としては少し急いでコースタイム通り着たが
駐車場は、誰もいない。
20140911-7.jpg
帰路は霧雨のなかを帰る。
とりあえず百分の一。

















posted by MT at 14:32| Comment(3) | 登山