2016年10月25日

苗場山

かぐら・みつまたスキー場から登る祓川コースは
車のアクセスは近いが登山時間が掛かりそうなので
反対側の秋山郷から小赤沢三合目登山ルートを選択。
先週に続き丑三つ時に出発、三合目登山口に7:30着。
DSC00809.jpg

7:50 登山スタート。
DSC00813.jpg

紅葉の登山道を登って行く。
DSC00816.jpg

DSC00818.jpg

DSC00828.jpg

DSC00829.jpg

六合目を過ぎると、岩場の急登が始まる。
DSC00826.jpg

10:35 山頂台地の坪場着。
DSC00832.jpg

ここからは緩やかな木道が続く。
DSC00870.jpg

11:20 苗場山頂ヒュッテ着。
さて昼食と、カップラーメンに山専ボトルから
お湯を入れるが熱くないと言うか水? 
全然保温できておらず、ヒュッテでお湯を買って
入れ替えるが食べられたものではなく寂しいお昼。
DSC00842.jpg

気お取り直して山頂周辺を散策
山というより丘の上にいるよう。
DSC00845.jpg

DSC00853.jpg

DSC00848.jpg

DSC00852.jpg

DSC00862.jpg

12:40 下山 曇っていたが青空も。
DSC00867.jpg

紅葉を見ながらゆっくり下り、
16:10 三合目登山口に戻る。
DSC00879.jpg

DSC00880.jpg

DSC00881.jpg

DSC00883.jpg

萌木の里で温泉に入り帰路。
山の上とは思えない台地は雄大で、紅葉もきれいだった。
サーモスからお湯が出れば尚よかったが・・・。
DSC00873.jpg




















posted by MT at 15:58| Comment(0) | 登山

2016年10月18日

雨飾山

丑三つ時家を出発して、登山口の雨飾高原キャンプ場へ向かう。
R148で夜が明け、車載の外気温度計は3度。
DSC00714.jpg

7時過ぎに到着するがすでに駐車場は満杯で、
係の人の誘導で路肩駐車の最後尾に駐車。
急いで支度して7:30登山スタート。
DSC00717.jpg

平坦な道を15分行くと急登が始まる。
思っていたほど寒くなくすぐにアウターを脱ぐ。
DSC00718.jpg

DSC00720.jpg

一時間ほどで、ブナ平。
この辺はまだ紅葉していない。
DSC00721.jpg

荒菅沢の手前で視界が開け、山頂が見える。
(左端が山頂、この時はわからず後で確認)
DSC00726.jpg

9:30 荒菅沢、ここでひと休み。
青空の下、秋の空気が気持ち良い。
DSC00743.jpg

沢を渡るとまた急坂。
この日は普通に登っているつもりだが
どんどん追い越されていく。
DSC00745.jpg

急登は続くが展望が開け、戸隠連峰が見える。
DSC00752.jpg

岩場を登る登山者の列。
DSC00759.jpg

火打山方面を写す。
噴煙を上げているのは焼山で、奥に小さく火打山。
DSC00761.jpg

11:05笹平、雨飾山を見る。
DSC00764.jpg

笹の中を進むと山頂が見えてくる。
DSC00766.jpg

11:40雨飾山山頂。
山頂は双耳峰だが、思っていたより距離がなく小ぶりで可愛い。
石仏と小祠が祀られた南峰。
DSC00768.jpg

南峰から北峰を見る。
DSC00771.jpg

西に白馬岳から後立山連峰。
DSC00773.jpg

登ってきた笹平を見る。
DSC00786.jpg

焼山やその右奥に火打山。
DSC00784.jpg

雲の向こうに日本海。
DSC00791.jpg

おにぎりとなめこ汁のお昼を食べ
12:30下山開始、笹平を下りてくる。
DSC00799.jpg

DSC00800.jpg

登りの時に渋滞していた岩場。
健脚のみなさんは下山してしまったのか帰りは閑散。
DSC00802.jpg

苦手な下りでコースタイムを大分オーバーで 16:30下山。
DSC00807.jpg

標高差や距離はそれほどでもないので、大したことないと
思っていたが、明るい内に帰れて良かったと余裕はない
山行だった。
紅葉の見ごろはも少し先のようだったが、先週に続き
秋の山を堪能できた。






















posted by MT at 16:12| Comment(2) | 登山

2016年10月11日

燧ケ岳

このところの雨で久しぶりの登山。
尾瀬御池の駐車場に前泊し燧ケ岳へ。
足がなまっていなければいいなと6:15出発。
DSC00589.jpg

朝は寒かったが登りだすと丁度よい気温で
汗もかかず快調に登って行く。
DSC00590.jpg

一時間で広沢田代に着く。
池塘と草紅葉がきれい。
DSC00592.jpg

少し登った所から広沢田代を眺める。
DSC00600.jpg

さらに1時間登ると燧ケ岳が見えてくる。
DSC00602.jpg

少し行くと熊沢田代。
DSC00606.jpg

空を写した池塘。
DSC00612.jpg

DSC00615.jpg

熊沢田代を振り返る。
DSC00622.jpg

10:00 俎ー( まないたぐら)頂上。
DSC00639.jpg

南西 尾瀬沼〜尾瀬ケ原のパノラマ
DSC00635.jpg

奥に男体山・日光白根山が見える。
登った山が見えるとなんか嬉しい。
DSC00629.jpg

空と雲
DSC00630.jpg

もう一つの山頂柴安ー(しばやすぐら)。
DSC00634.jpg

10:30燧ヶ岳(柴安ー)山頂。
DSC00647.jpg

西北 尾瀬ケ原パノラマ
DSC00652.jpg

尾瀬ケ原。
二年前は鳩待峠からの往復だけでへとへとだったのを思い出す。
DSC00650.jpg

俎ーを見る。
DSC00657.jpg

俎ーへ戻り、岩場の下りを尾瀬沼へ向かう。
DSC00671.jpg

柴安ーを振り返る。
DSC00673.jpg

すぐ隣に会津駒ケ岳。
次の日に登ろうと予定していたが・・・。
DSC00674.jpg

長〜い長英新道を下り
14:30尾瀬沼。
DSC00700.jpg

DSC00680.jpg

DSC00687.jpg

DSC00693.jpg

DSC00695.jpg

DSC00696.jpg

DSC00708.jpg

15:40沼山峠着。
バスで御池に戻る。
DSC00709.jpg

青空の下気温も丁度よく、8時間も歩いたのに
足はなんともなく気持ち良い山歩きでした。
DSC00704.jpg
翌日は会津駒ケ岳に登ろうとアルザ尾瀬で温泉に入り車中泊。
朝起きると、予報は曇りだが風が強くパラパラと雨。
30分悩んで、無理をすることもないので会津駒ケ岳は次回に。




























posted by MT at 16:34| Comment(0) | 登山

2016年10月03日

吉祥寺の家

いろいろ用事があり東京へ。
DSC00517.jpg

ついでに写真を撮りたいところがあったので吉祥寺の家へ。

アプローチは路地を回り込むように長くとってあり、
途中で玄関ポーチへ、さらに中庭のテラスまで続きます。
DSC00543.jpg

posted by MT at 15:36| Comment(0) | 仕事