2016年10月18日

雨飾山

丑三つ時家を出発して、登山口の雨飾高原キャンプ場へ向かう。
R148で夜が明け、車載の外気温度計は3度。
DSC00714.jpg

7時過ぎに到着するがすでに駐車場は満杯で、
係の人の誘導で路肩駐車の最後尾に駐車。
急いで支度して7:30登山スタート。
DSC00717.jpg

平坦な道を15分行くと急登が始まる。
思っていたほど寒くなくすぐにアウターを脱ぐ。
DSC00718.jpg

DSC00720.jpg

一時間ほどで、ブナ平。
この辺はまだ紅葉していない。
DSC00721.jpg

荒菅沢の手前で視界が開け、山頂が見える。
(左端が山頂、この時はわからず後で確認)
DSC00726.jpg

9:30 荒菅沢、ここでひと休み。
青空の下、秋の空気が気持ち良い。
DSC00743.jpg

沢を渡るとまた急坂。
この日は普通に登っているつもりだが
どんどん追い越されていく。
DSC00745.jpg

急登は続くが展望が開け、戸隠連峰が見える。
DSC00752.jpg

岩場を登る登山者の列。
DSC00759.jpg

火打山方面を写す。
噴煙を上げているのは焼山で、奥に小さく火打山。
DSC00761.jpg

11:05笹平、雨飾山を見る。
DSC00764.jpg

笹の中を進むと山頂が見えてくる。
DSC00766.jpg

11:40雨飾山山頂。
山頂は双耳峰だが、思っていたより距離がなく小ぶりで可愛い。
石仏と小祠が祀られた南峰。
DSC00768.jpg

南峰から北峰を見る。
DSC00771.jpg

西に白馬岳から後立山連峰。
DSC00773.jpg

登ってきた笹平を見る。
DSC00786.jpg

焼山やその右奥に火打山。
DSC00784.jpg

雲の向こうに日本海。
DSC00791.jpg

おにぎりとなめこ汁のお昼を食べ
12:30下山開始、笹平を下りてくる。
DSC00799.jpg

DSC00800.jpg

登りの時に渋滞していた岩場。
健脚のみなさんは下山してしまったのか帰りは閑散。
DSC00802.jpg

苦手な下りでコースタイムを大分オーバーで 16:30下山。
DSC00807.jpg

標高差や距離はそれほどでもないので、大したことないと
思っていたが、明るい内に帰れて良かったと余裕はない
山行だった。
紅葉の見ごろはも少し先のようだったが、先週に続き
秋の山を堪能できた。






















【登山の最新記事】
posted by MT at 16:12| Comment(2) | 登山
この記事へのコメント
美しい景色ばかりで驚きます。自然の本来の姿なのでしょうが。

しかし結構な賑わいなのですね、登山。ソロが多いのですか?それとも団体さん?
Posted by tetsu at 2016年10月23日 21:15
視界が開けた時の風景はいつも感動しますね。
結構キツイ時は、当分山はいいかなと思いますが(笑)

単独の人も結構いますが、団体(おじさん+おばさん多数)
・ペアーの方が多いですね。
一人も怖くて寂しいですが、多いのもなんです・・・。
Posted by MT at 2016年10月24日 15:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: