2018年05月10日

荒島岳

今年のGWは福井県の荒島岳へ。
松本から高山をへて道の駅九頭竜で車中泊。
ここJRの「越美北線」の終着駅でノスタルジックな雰囲気がいい。

DSC03645.jpg

翌日、道の駅から15分ほどで勝原スキー場跡の登山口へ。
7:00登山スタート。
舗装された道を登って行くがいきなり急登で足が前に進まない。

DSC03650.jpg

スキー場跡のリフト終点からやっと登山口が始まる。
新緑のブナ林がきれいだ。

DSC03661.jpg


DSC03655.jpg

稜線に出ると白山が見える。

DSC03669.jpg

頂上らしきものが見える。

DSC03671.jpg

振り返ると、けっこう登ってきた。

DSC03679.jpg

11:20 荒島岳山頂。

DSC03690.jpg

残雪越しに見る白山が美しい。

DSC03689.jpg

カップラーメンとおにぎりで昼食、12:30下山。

DSC03698.jpg

ほとんどトレーニングなしの山行で、下りは足が痛くなり
最後の舗装路は後ろ向きで歩いてへとへとで16:20登山口着。
辛い山行だったが、久しぶりに新緑のブナ林や山の眺望を見れて
最近の忙しさを忘れリフレッシュできた登山でした。

DSC03701.jpg
posted by MT at 16:13| Comment(0) | 登山

2018年04月23日

金時山

足慣らしに金時山。

DSC03607.jpg


DSC03618.jpg


DSC03621.jpg
posted by MT at 15:24| Comment(0) | 登山

2017年10月09日

浅間山

仕事や何やらで中々行けない山行。
浅間山(前掛山)までは登山規制で行けないが、外輪山までなら楽な登山の浅間山へ。
前日、久し振りの軽井沢を散策して、道の駅雷電くるみの里で車中泊。
karuizawa.jpg

翌日、チェリーパークラインで車坂峠へ。
霜が降りている登山口を7:50スタート。
DSC02804.jpg

登りは、展望の良い表コースを行く。
DSC02805.jpg

しばらく登ると展望が開け、振り返ると北アルプスが。
DSC02812.jpg

DSC02813.jpg

火山避難用シェルター。
DSC02817.jpg

9:18槍ガ鞘(やりがさや)、浅間山が見える。
DSC02818.jpg

少し登るとトーミの頭で展望が大きく開け絶景。
DSC02825.jpg

DSC02838.jpg

黒斑山(くろふやま)の先にある蛇骨岳・仙人岳・鋸岳の稜線。
DSC02827.jpg

先の黒斑山(くろふやま)を目指す。
DSC02830.jpg

何だと思ったら、火山警報用の巨大スピーカー。
DSC02839.jpg

10:00 外輪山で一番高い2404m黒斑山。
DSC02843.jpg

白煙が上がっている。
DSC02846.jpg

稜線を進む、天気はいいが風が強い。
DSC02847.jpg

10:40 蛇骨岳山頂。
DSC02849.jpg

DSC02851.jpg

黒斑山からの稜線を振り返る。
DSC02854.jpg

吹きさらしの稜線を進む。
DSC02858.jpg

11:00仙人岳山頂。
DSC02861.jpg

この先から右に下って窪地を通り登り返して帰るルートがあるが、この景色で満足。
帰りの時間もあるし、ここで引き返す。
DSC02864.jpg

蛇骨岳に戻りお昼ご飯。
DSC02865.jpg

帰りは中コースで下山、14:00ゴール。
あぐりの湯に入り渋滞の高速道路で帰路。
DSC02870.jpg

ここの所忙しない日が続いていて少し疲れていたが、
こんな景色を眺めていると、モヤモヤも消えていく。
DSC02840.jpg























posted by MT at 09:28| Comment(0) | 登山

2017年09月18日

剣岳・立山三日目(剱沢小屋〜立山〜室堂)

6:00出発。
快晴だけど祭りのあとのような感じで別山を目指す。
剱沢キャンプ場から剣岳を振り返る。
DSC02698.jpg

別山乗越への道の途中から別山へのショートカットを登り、尾根に出て振り返る。
朝一番結構キツイが足は重くない。
DSC02701.jpg

7:40 別山
DSC02705.jpg

別山北峰からの剣岳がすばらしいというので、見に行く。
高さが同じくらいなので、眼前に迫ってくる。
DSC02712.jpg

北峰から南峰を見る。
DSC02719.jpg

室堂平を右に見ながら立山を目指す。
DSC02708.jpg

左に真砂岳、その背後に立山の三山。
DSC02707.jpg

9:00 真砂岳
DSC02720.jpg

別山を振り返る。
DSC02721.jpg

真砂岳を下り富士の折立へ登り返す。
DSC02724.jpg

10:15 富士の折立 山頂標識がいくつもあるが飛ばされないのかいつも気になる。
DSC02733.jpg

黒部湖
DSC02736.jpg

槍ヶ岳が見える。
DSC02739.jpg

後ろ立山連峰
DSC02741.jpg

室堂平越しに奥大日岳
DSC02742.jpg

別山越しに剣岳
DSC02743.jpg

10:55 立山二峰目、最高峰の大汝山。
DSC02748.jpg

ここからの眺望も素晴らしい。
DSC02751.jpg

雄山がすぐ先に見える。
DSC02752.jpg

少し行くと雄山。
DSC02758.jpg

11:30 雄山
DSC02759.jpg

DSC02764.jpg

一の越近くまで下りてくる。
登ってくる小学生の団体やら観光客が多くて下りるのが大変。
DSC02766.jpg

平らな石畳になり振り返る。
DSC02769.jpg

13:20室堂ゴール。
DSC02772.jpg

来た時と逆に黒部アルペンルートを戻り扇沢駅へ。
DSC02773.jpg

気がはっていたせいか、帰ってきて疲れがどっと出た。
今思うと、前剣を目の前にした時の迫力が印象に残っている。
何かを成し遂げるには、超えなければならない大きな壁のようで
緊張感と挑戦する喜びを久しぶりに思い起こさせてくれたシーンでした。
DSC026262.jpg


























posted by MT at 13:52| Comment(0) | 登山

2017年09月14日

剣岳・立山二日目(剣山荘〜剣岳〜剱沢小屋)

4:30起床朝焼けがきれいだ。
DSC02612.jpg

鹿島槍ヶ岳の山頂から日がのぼる。
朝食を食べて6:00出発。
DSC02616.jpg

6:30 一服剱
目の前に前剱があらわれる、すごい迫力。
DSC02626.jpg

一服剱から少し下りガレ場を登る。
DSC02634.jpg

大岩で一休みして振り返る。
DSC02636.jpg

前剱までもう少し。
DSC02637.jpg

稜線に出て振り返る。
一服剱が小さく見える。剣沢から立山連峰。
DSC02639.jpg

7:30 前剱
やっと剣岳があらわれる。手前岩が前剱の門。
DSC02642.jpg

剣岳のアップ。近くで見ると、でかい岩の塊だ。
DSC02644.jpg

鹿島槍ヶ岳が同じ高さになってきた。
去年はあそこからこちらを見て、いつかは登れるかななどと思っていたが。
DSC02645.jpg

前剱の門。
鉄ブリッジを渡り右側をトラバース。
DSC02643.jpg

前剱の門を振り返る。
DSC02647.jpg

出発した室堂が見える。
DSC02649.jpg

8:20 平蔵の頭 少し渋滞。
DSC02653.jpg

DSC02654.jpg

平蔵の頭を過ぎると難所のカニのたてばいが見える。
下りルートを下りる人が左に。
DSC02656.jpg

カニのたてばい
足掛かりがしっかりしているので、慎重に登れば見た目ほど怖くない。
DSC02657.jpg

9:10 剱岳・山頂 
DSC02660.jpg

DSC02664.jpg

DSC02663.jpg

DSC02662.jpg

DSC02673.jpg

八ヶ岳・富士山・南アルプスまで見える。
DSC02677.jpg

9:50下山。
下山も難所があり、事故も多いようなので気を抜けない。
DSC02676.jpg

カニのよこばい
足が短いのか最初の取り付きが思ったより下で、鎖を握る手に力が入る。
DSC02681.jpg

10:30平蔵の頭まで戻ってきた。帰りは中央を登って行く。
DSC02682.jpg

10:50前剱の門。帰りは右をまいて前剱をトラバースしていく。
DSC02683.jpg

13:00剣山荘着デポしていたザックに荷物を入れ替え食事をして14:20剱沢小屋着。
DSC02685.jpg

思っていたより恐怖心や難しさはなかったが、天候や登山道が整備されていたおかげで、
こうして見るとよくあんなところまで行ってきたものだと思う。
迫力のある山肌に小さな人が取り付いて登っている姿を見ると
自然の雄大さに些細なことは忘れ(ついでにヘッドランプとタオルを忘れる)
達成感と安堵感で満たされる山行でした。
DSC02691.jpg





























posted by MT at 16:12| Comment(0) | 登山