2017年08月13日

薬師岳二日目(薬師岳山荘〜薬師岳〜折立)

前日早く寝すぎたので2時ごろから目が覚めてしまい、3:45出発。
標高2700mの朝にしては寒くない。
DSC02382.jpg

DSC02381.jpg

奥のピークに明かりが見えるあれが山頂かな。
DSC02385.jpg

4:50 薬師岳2926m山頂
日の出の時刻だが、ガスってしまった。
DSC02398.jpg

DSC02395.jpg

何も見えないので下り始めると、雲の合間から太陽が顔を出す。
DSC02408.jpg

DSC02410.jpg

DSC02415.jpg

カールに雲が下りていく。
槍ヶ岳だけは、いつでもすぐわかる。
DSC02427.jpg

少し下りてきて、薬師岳を振り返る。
DSC02437.jpg

黒部五郎岳・笠ヶ岳、遠くに御嶽山。
あ〜あ、まだ登らなくてはいけない山がたくさん残っている。
DSC02440.jpg

槍ヶ岳・穂高連峰。
DSC02445.jpg

DSC02441.jpg

6:00山荘まで戻り、コーヒーを沸かして朝食、6:30出発。
DSC02446.jpg

DSC02448.jpg

天気は良いし、後は下るだけで気持ちいい。
DSC02449.jpg

DSC02451.jpg

DSC02454.jpg

DSC02455.jpg

DSC02458.jpg

8:40太郎平小屋、来るときは見えなかった薬師岳。
DSC02461.jpg

下るだけと気楽に思っていたら、足が重くなってくる。
だんだん内ももが痛くなり、早く着かないかと登頂の喜びも忘れ、
ひたすら下る。
DSC02463.jpg

12:50へとへとで折立着。
DSC02466.jpg

帰ってきて三日間は、久し振りの筋肉痛で普通に歩くのも辛かった。
当分山はいいと思っていたが、こうして振り返ると
辛いことは忘れあの時の喜びを思い出す。
DSC02431.jpg






posted by MT at 15:07| Comment(0) | 登山

2017年08月09日

薬師岳一日目(折立〜薬師岳山荘)

自宅からだと登山口までのアプローチが遠い北アルプス薬師岳。
ナビでは富山経由のルートとなるが、松本から安房峠を超え
平湯からR471経由で有峰林道東谷線に入ると富山経由より180kも近い。
前日朝に出発して16:00折立に着く。
DSC02291.jpg

DSC02293.jpg

駐車場はほぼ満杯で、一人宴会をして車中泊。
DSC02296.jpg

6:30出発。 
みなさん朝が早い、山小屋泊なのでとゆっくりしていたら、車中泊組の最後尾。
DSC02298.jpg

2時間くらい急な登山道を登ると、視界が開けなだらかな道になる。
DSC02307.jpg

DSC02315.jpg

日が照ったり、曇ったりの天気だが、結構汗をかく。
DSC02318.jpg

DSC02321.jpg

整備されて歩きやすいが、太郎平小屋まで長い。
ビールとワインと食料でザックが重い。
DSC02323.jpg

DSC02326.jpg

DSC02328.jpg

DSC02329.jpg

11:15太郎平小屋着。
お昼を食べて1時間休憩。
DSC02332.jpg

DSC02331.jpg

DSC02334.jpg

薬師峠までは30分。
DSC02342.jpg

薬師峠のテント場。
ここは水場があり、冷たくておいしい。
DSC02343.jpg

DSC02344.jpg

ここからの沢の登りがきつい。
太郎平をふりかえる。
DSC02348.jpg

岩ゴロを登りきると、薬師平。
DSC02350.jpg

ご褒美みたいにお花畑が広がる。
DSC02354.jpg

DSC02355.jpg

DSC02362.jpg

DSC02365.jpg

DSC02368.jpg

あともう少し?
DSC02372.jpg

14:50薬師岳山荘着。
DSC02373.jpg
予約時に混んでいるとのことで覚悟していたが、ふとん一枚に一人でよかった。
同じ年の静岡のご夫婦や、千葉のおじさんと、老後生活で話がはずみ
重かったワインとビールを消費して一日目終わり。


























posted by MT at 15:48| Comment(0) | 登山

2017年07月13日

至仏山

梅雨明けじゃないかと思う暑い日曜日、山は涼しいだろうと2か月ぶりの登山へ。
しかし、天気が良すぎて、熱くて暑い。
水分不足で足はつるわ、アブに刺されて手はグローブのように腫れるはの苦行の登山となりました。
DSC02201.jpg

沼田ICから尾瀬戸倉の駐車場へ、乗合タクシーで7:30鳩待峠到着。
7:45 至仏山へのルートで山の鼻からは登専用なので
まずは尾瀬ヶ原へ下りていく。
DSC02205.jpg

DSC02206.jpg

DSC02208.jpg

8:45山の鼻着
少し休憩して尾瀬ヶ原を散策。
DSC02210.jpg

DSC02218.jpg

緑の中にワタスゲの白い綿穂がきれい。
DSC02228.jpg

DSC02215.jpg

DSC02226.jpg

9:20 至仏山へ登りスタート
DSC02233.jpg

一時間位登ると、森林限界を超え炎天直下。
DSC02234.jpg

振り返ると、尾瀬ヶ原と燧ケ岳。
DSC02241.jpg

山頂下のお花畑。
花は綺麗だが、暑さと急登でバテバテ。
DSC02249.jpg

DSC02243.jpg

DSC02256.jpg

DSC02260.jpg

山頂が見えてくる。
DSC02261.jpg

随分登ってきた。
DSC02262.jpg

雪渓の上は、涼しくてこの日はありがたい。
DSC02265.jpg

12:30 至仏山、山頂着。
DSC02276.jpg

DSC02270.jpg

DSC02272.jpg

山で歌を歌う人。
DSC02269.jpg

13:30 下山
DSC02279.jpg

小至仏山
DSC02281.jpg

至仏山を振り返る。
DSC02282.jpg

14:05小至仏山
DSC02283.jpg

16:20鳩待峠着
DSC02287.jpg

この時期いろいろな花咲いていて、物知りおじさんにいろいろ教えて
もらったが暑さでほとんど忘れてしまった。
望郷の湯に入って帰る。
DSC02258.jpg
ハヤチネウスユキソウ




























posted by MT at 15:58| Comment(0) | 登山

2017年05月10日

剣山

吉野川SAを6:00出発。
美馬ICで降りて、くねくね道のR438で見ノ越へ。
DSC02135.jpg

8:10また神社にお参りしてスタート。
DSC02136.jpg

登山リフトもあるが、それではあんまりなので高低差320mを登る。
DSC02137.jpg

9:00 リフト西島駅着。
さてどっちに行けばいいやら?
DSC02140.jpg

尾根道を行きたいが、とりあえず鳥居のある方へ。
DSC02141.jpg

途中から分岐があり尾根道を登る。
だんだん雲行があやしくなってくる。
DSC02143.jpg

DSC02144.jpg

大剱道と合流。
DSC02146.jpg

09:34 剣山本宮 頂上ヒュッテ着。
細かい雨が降りだし、防水のアウターを着る。
DSC02147.jpg

なだらかな草原の木道を山頂に向かう。
DSC02148.jpg

10:00 剣山山頂 山名のイメージとは違う平らな山頂。
何も見えない、雨も降りだす、ですぐに退散。
DSC02154.jpg

次郎笈まで行こうと思っていたがこの天候ではと早々下山。
帰りは、大剱道をくだる。
DSC02155.jpg

大剱神社、何やらすごい神様らしい。
DSC02157.jpg

11:40 見ノ越にゴール。
早く下山したので駐車場横の食堂で昼食。
名物に旨い物なしのそばを食べ、またくねくね道のR438を徳島に向かう。
DSC02160.jpg

長ーい山道を走り、途中の神山温泉に入る。
DSC02162.jpg

淡路島南PA夕食、長い仮眠をして帰路。
DSC02170.jpg

石鎚山・剣山共に眺望が望めず残念だったが、長い距離を移動しての
2座クリアーは達成感があった。















posted by MT at 11:34| Comment(0) | 登山

2017年05月09日

石鎚山

GW、本当はイタリアへ行っているはずが、
どこかの旅行会社が倒産したおかげで仕方なく四国の百名山2座へ。
連休渋滞の高速道路を走り、瀬戸大橋を渡り四国に入る。
DSC02055.jpg

4年前のバイク旅以来だが、随分前の感じがする。
あの時はここから一気に帰ったんだなどと思いながら松山道入野PAで車中泊。
DSC02057.jpg

5時に起きて、いよ西条IC〜R197〜瓶ヶ森(かめがもり)林道で
登山口の「土小屋」へ向かう。
DSC02068.jpg

標高1300m以上の
バイクで走ったら気持ちよさそうな尾根道を行く。
DSC02073.jpg

DSC02077.jpg

石鎚山が見えてきた。
DSC02079.jpg

8:50神社にお参りして登山スタート。
DSC02081.jpg

整備された登山道をハイキング気分で登って行く。
DSC02089.jpg

瓶ヶ森方面。
DSC02083.jpg

40分ほど歩くと石鎚山が見えてくる。
DSC02086.jpg

途中残雪があり油断していると滑りそう。
DSC02098.jpg

表参道ルートと合流して鳥居をくぐりと、目の前に鎖場があらわれる。
「ニの鎖」距離65m、斜度70度。
DSC02102.jpg

太い鎖は揺れないので掴みやすいが、岩が濡れていて滑る。
ヒヤヒヤ、ドキドキしながらも何とか登る。
DSC02103.jpg

次の「三の鎖」68m。
下から見上げると、ほぼ垂直に見える。
途中から鎖の輪の中につま先を入れて足掛かりにすると登りやすいことがわかり
ニの鎖ほど苦労せずに登る。
DSC02105.jpg

11:40石鎚山(弥山)山頂に到着。
DSC02112.jpg

連休中ですごい人出、お湯を沸かしておにぎりとミニラーメンで昼食。
DSC02111.jpg

弥山より天狗岳を見る。
だんだん霧が濃くなり眺望は望めず。
DSC02109.jpg

12:30 弥山より天狗岳へ。
DSC02116.jpg

切り立った断崖を行く。
DSC02120.jpg

天狗岳より弥山方向の尾根を望む。
DSC02123.jpg

12:45天狗岳。
DSC02127.jpg

下山は鎖場は迂回して、無事15:30 土小屋へゴール。
眺望は望めなかったが、鎖場を登れた達成感と安堵で満足の登山だった。
DSC02131.jpg

安堵もつかの間、すごい濃霧の瓶ヶ森林道を伊予西条まで戻る。
湯ノ谷温泉に入り、いよ西条より高速に乗り吉野川SAで車中泊。
DSC02132.jpg

剣山へ 






















posted by MT at 13:21| Comment(0) | 登山