2016年08月24日

鹿島槍ヶ岳二日目(冷池山荘〜鹿島槍ヶ岳〜扇沢)

布団1枚に一人と普通の寝床を確保できたが、いびきがうるさくて
寝不足の朝を迎え、ザックを置いて 5:00 鹿島槍ヶ岳へ向かう。
DSC00211.jpg

5:10 日の出。
最高の天気だが・・・。
DSC00222.jpg

冷池山荘と爺ヶ岳を振り返る。
DSC00229.jpg

山荘から10分程のテント場。
往復20分はきつそう。
DSC00233.jpg

双耳峰の鹿島槍ヶ岳がやっと見えた。
DSC00238.jpg

布引岳手前で振り返る。
DSC00247.jpg

DSC00245.jpg

DSC00246.jpg

6:10 布引岳。
DSC00249.jpg

目の前に山頂。
DSC00248.jpg

もう少し
DSC00250.jpg

布引岳を振り返る。
DSC00252.jpg

目の前だが最後がきつい。
DSC00253.jpg

雲が出てきた。
DSC00255.jpg

DSC00256.jpg

7:00 鹿島槍ヶ岳山頂
10分前までは晴れていたのに雲の中。
DSC00260.jpg

時々雲が切れる 槍・穂高。
DSC00264.jpg

北峰に続く吊尾根
DSC00272.jpg

雲の中に北峰が。
DSC00282.jpg

五竜岳・白馬方面がかろうじて
DSC00294.jpg

立山連峰。
DSC00287.jpg

晴れそうもないので7:30下山。
が、途中まで下りて振り返ると、晴れてる。
あと少し粘れば・・・悔しいー。
DSC00297.jpg

戻るのも大変なのでこの眺望で満足して下りる。
DSC00298.jpg

DSC00300.jpg

8:40 冷池山荘まで戻る。
コーヒーを入れて一休み。
ザックを回収して9:00 出発。
爺ヶ岳下でまで来て振り返る。
鹿島槍ヶ岳は雲の中。
DSC00305.jpg

剱岳・立山連峰を最後に眺めて
DSC00304.jpg

帰りの爺ヶ岳。
登り返しが結構きつい。
DSC00301.jpg

11:30種池山荘着
ラーメンをつくっていたら雨が降り出し
傘をさして昼食。
濡れた石と丸太階段で2回転び15:30下山。
薬師の湯に入って帰路に着く。

10時間近く行動していた割には足の痛みもなく
歩きやすい登山道が良かったようだ。
行いが悪いのか、みんな見たと言っていた
ライチョウには会えず、山頂のタイミングを逃した
のが惜しいが、この景色で良しとしょう。
DSC00299.jpg






























posted by MT at 17:00| Comment(0) | 登山

2016年08月23日

鹿島槍ヶ岳一日目(扇沢〜冷池山荘)

お盆休みは仕事もあり、休みを少しずらして山登り。
前日、みどり湖PAで車中泊して扇沢の登山口へ。
7時前に着くが、駐車場はほぼ満車。
DSC00171.jpg

7:20 登山開始。
DSC00172.jpg

柏原新道はよく整備されていて、登りやすい。
DSC00178.jpg

扇沢駅が見える。
結構登ってきた。
蒸し暑く、汗だく。
DSC00179.jpg

こんな石畳もある。
DSC00181.jpg

水平道。
ここだけハイキング気分。
DSC00182.jpg

石ベンチ。
ここで一服。
DSC00186.jpg

アザミ沢。
DSC00187.jpg

11:30 種池山荘着。
お昼を食べて12:10出発。DSC00188.jpg

爺ヶ岳が見えてきた。
DSC00195.jpg

13:00 爺ヶ岳南峰。
ガスっていてトンボしか見えない。
DSC00200.jpg

爺ヶ岳中峰・北峰。
巻きながら進んでいくが、結構アップダウンがある。
(ガスっているので山頂はズルしてパス)
DSC00197.jpg

14:15 冷乗超。
雨がポツポツと。
DSC00206.jpg

14:30 冷池山荘着。
少し落ち着いたら4時ごろから雨が降り出した。
小屋の食事はいまいちな所が多いので、今回は自炊。
夕食は、ビールとワイン・クリームシチュー・ポテトサラダ・ソーセージ・
くるみパン・チーズクラッカー。
重いザックを背負ってきた甲斐があって満足。
DSC00210.jpg













posted by MT at 16:40| Comment(0) | 登山

2016年08月12日

四阿山(あずまやさん)・根子岳

草津から菅平牧場の登山口へ。
温泉に入ってと、地図の温泉を探すが見当たらず
日帰り温泉の看板を掲げているホテルは、宿泊客で一杯で入れず。
またもや調査不足で、冷たい水を浴びて車中泊。
DSC00109.jpg

DSC00115.jpg

翌朝、6時出発。
DSC00120.jpg

牧場の脇を抜け登山道へ。
DSC00122.jpg

笹をかき分けながら登っていく。
DSC00131.jpg

DSC00133.jpg

1:30位登ると、1917mのピーク小四阿で視界が開ける。
DSC00138.jpg

南に浅間連峰。
DSC00139.jpg

登ってきた道を振り返る。
DSC00144.jpg

8:10 先が四阿山?まだ時間がかかりそう。
DSC00145.jpg

根子岳が見えてきた。
DSC00146.jpg

9:10 四阿山山頂。
コースタイムでここまで来たが、問題発覚。
持ってくる水の量を勘違いして、かなり厳しい。
菓子類はやめて、ももを食べる。
DSC00148.jpg

DSC00149.jpg

DSC00150.jpg

DSC00151.jpg

山頂より少し下がった所にある祠。
DSC00147.jpg

急な下りを250Mほど下りて根子岳を目指す。
日陰がなく熱い。あ〜水ほしい。
DSC00159.jpg

四阿山を振り返る。
DSC00160.jpg

11:15 根子岳山頂。
DSC00162.jpg

水が心配なので早々下山する。
根子岳からの下りは、視界が開け歩きやすい。
DSC00165.jpg

DSC00167.jpg

12:45 下山。
早々自販機でお茶を買い一気に飲み干す。
今回はどうも間違い・勘違いが多くて、反省しきり。
登山にも慣れてきて慎重さが足りなかったようで
次回からは気をつけないと。

根子岳は花の百名山だけあって、
色んな花が咲いていてきれいでした。
azumayasann.jpg




















posted by MT at 16:32| Comment(0) | 登山

2016年08月11日

草津白根山

夏休み、あのかかし状態の山小屋泊まりはしたくないので
日帰りできる山を2座行くことに。

白根山駐車場から登ろうと、志賀草津道路を上がっていくと・・・。
駐車場は閉鎖されていて駐停車禁止。
(平成26年6月3日18時に、長野県と群馬県境の草津白根山の
噴火警戒レベルを1から、2(火口周辺規制)に引上げました。)
全くの調査不足、思い込み、そういえばと後から気づくおっちょこちょい。
本白根山のハイキングコースは行けるので
ロープウエイ乗場まで引き返してロープウエイで山頂駅へ。
DSC00049.jpg

DSC00054.jpg

ここからリフトもあるがあんまりなので横を登る。
DSC00056.jpg

少し歩くと、中央火口が見えてくる。
ここまで、20分。サンダルで来ている人も居る訳だ。
DSC00063.jpg

コマクサは終盤でお疲れ。
DSC00064.jpg

本白根山展望所
達成感もなくここでお昼。
DSC00071.jpg

DSC00074.jpg

DSC00075.jpg

少し先の遊歩道最高地点へ。
DSC00081.jpg

DSC00079.jpg

遊歩道最高地点から中央火口をみる。
DSC00084.jpg

周回するコースを鏡池へ。
DSC00097.jpg

なんだかんだと4時間近くいて下山。
菅平へ向かう。
DSC00107.jpg










posted by MT at 16:04| Comment(0) | 登山

2016年07月27日

鳳凰山二日目(地蔵岳・観音岳・薬師岳)

布団をかけると暑いし、はぐと寒いを繰り返し
足をつるわでよく眠れないまま朝を迎え
6:20 鳳凰小屋出発、地蔵岳を目指す。
P7241164.jpg

白砂の斜面を登って行くと
地蔵岳のオベリクスが姿を現す。
P7241169.jpg

ザレた白砂は歩きにくく、ザクザク登っていく。
P7241173.jpg

南には観音岳、富士山。
P7241183.jpg

7:20 地蔵岳
P72412002.jpg

オベリクスを回り込むと北東に甲斐駒ケ岳。
P7241185.jpg

北に八ヶ岳
P7241195.jpg

オベリクスに挑戦してみたが、登ったはいいが下りられなく
なりそうなので途中まで。
P7241201.jpg

少し下った鞍部に広がる賽ノ河原。
P7241204.jpg

P7241205.jpg

8:00観音岳を目指す。
稜線からは、目の前に北岳・間ノ岳がみえる。
P7241210.jpg

アカヌケ沢の頭。
P7241211.jpg

P7241212.jpg

近くに見えるが結構遠い。
P7241214.jpg

地蔵岳を振り返る。
P7241215.jpg

鳳凰小屋分岐
P7241218.jpg

9:40 2841M 観音岳着。
地蔵岳からの稜線を振り返る、遠くに甲斐駒ケ岳。
P7241234.jpg

南東には薬師岳と富士山。
P7241236.jpg

10:40 薬師岳。
ガスってきて、眺望はきかないので少し休憩して出発。
ここまでは元気だったが・・・。
P7241241.jpg

途中昼食を食べ、12:10 御座石。
土が多く木の根が張っていて滑りやすく足にくる。
P7241244.jpg

1時間ほど下ると、笹に覆われたなだらかな道になる。
P7241248.jpg

・・・鹿。
P7241246.jpg

この距離でもシカとしている。
P7241247.jpg

ひたすら下り、15:50 中道登山道入口着。
コースタイム2:10のところを3:40。
P7241249.jpg

16:50 青木鉱泉着
後から調べたら高低差1,772mは今までの最高で
きつい訳だ。これからもっと大変な山が・・・。
100名山30座目完。























posted by MT at 13:40| Comment(0) | 登山