2017年09月14日

剣岳・立山二日目(剣山荘〜剣岳〜剱沢小屋)

4:30起床朝焼けがきれいだ。
DSC02612.jpg

鹿島槍ヶ岳の山頂から日がのぼる。
朝食を食べて6:00出発。
DSC02616.jpg

6:30 一服剱
目の前に前剱があらわれる、すごい迫力。
DSC02626.jpg

一服剱から少し下りガレ場を登る。
DSC02634.jpg

大岩で一休みして振り返る。
DSC02636.jpg

前剱までもう少し。
DSC02637.jpg

稜線に出て振り返る。
一服剱が小さく見える。剣沢から立山連峰。
DSC02639.jpg

7:30 前剱
やっと剣岳があらわれる。手前岩が前剱の門。
DSC02642.jpg

剣岳のアップ。近くで見ると、でかい岩の塊だ。
DSC02644.jpg

鹿島槍ヶ岳が同じ高さになってきた。
去年はあそこからこちらを見て、いつかは登れるかななどと思っていたが。
DSC02645.jpg

前剱の門。
鉄ブリッジを渡り右側をトラバース。
DSC02643.jpg

前剱の門を振り返る。
DSC02647.jpg

出発した室堂が見える。
DSC02649.jpg

8:20 平蔵の頭 少し渋滞。
DSC02653.jpg

DSC02654.jpg

平蔵の頭を過ぎると難所のカニのたてばいが見える。
下りルートを下りる人が左に。
DSC02656.jpg

カニのたてばい
足掛かりがしっかりしているので、慎重に登れば見た目ほど怖くない。
DSC02657.jpg

9:10 剱岳・山頂 
DSC02660.jpg

DSC02664.jpg

DSC02663.jpg

DSC02662.jpg

DSC02673.jpg

八ヶ岳・富士山・南アルプスまで見える。
DSC02677.jpg

9:50下山。
下山も難所があり、事故も多いようなので気を抜けない。
DSC02676.jpg

カニのよこばい
足が短いのか最初の取り付きが思ったより下で、鎖を握る手に力が入る。
DSC02681.jpg

10:30平蔵の頭まで戻ってきた。帰りは中央を登って行く。
DSC02682.jpg

10:50前剱の門。帰りは右をまいて前剱をトラバースしていく。
DSC02683.jpg

13:00剣山荘着デポしていたザックに荷物を入れ替え食事をして14:20剱沢小屋着。
DSC02685.jpg

思っていたより恐怖心や難しさはなかったが、天候や登山道が整備されていたおかげで、
こうして見るとよくあんなところまで行ってきたものだと思う。
迫力のある山肌に小さな人が取り付いて登っている姿を見ると
自然の雄大さに些細なことは忘れ(ついでにヘッドランプとタオルを忘れる)
達成感と安堵感で満たされる山行でした。
DSC02691.jpg





























【登山の最新記事】
posted by MT at 16:12| Comment(0) | 登山

2017年09月10日

剣岳・立山一日目(室堂〜剣山荘)

百名山も先月の薬師岳で42座達成して何か中だるみ状態で、どうも登山へのテンションが上がらない。
ここはもう一度最初のころの気持ちを思い起こさせてくれるチャレンジ的
な山に行かなければと、いつもの焦燥感に駆られて憧れの剣岳へ行くことに。
私の技量・体力で登れるか、ドキドキしながら黒部アルペンルートの扇沢駅に向かう。
車中泊して、朝一番のトロリーバスに乗る。
DSC02554.jpg

黒部ダムに着き放水を眺めていたら乗り継ぎのケーブルカーに乗り遅れ30分ロス。
DSC02558.jpg

次の便のケーブルカーで黒部平へ。
大観峰へはロープウェイに乗る、正面に立山連峰が見える。
DSC02573.jpg

大観峰からはまたトロリーバスで室堂へ9:25着。
9:35石畳の遊歩道を出発、観光客も多く最初はピクニック気分。
DSC02577.jpg

みくりが池越しに別山・立山。
DSC02583.jpg

DSC02584.jpg

DSC02587.jpg

雷鳥平が見えてくる。
DSC02588.jpg

10:30雷鳥平キャンプ場。
DSC02589.jpg

沢を渡ると本格的な登山道になる。
DSC02590.jpg

室堂平を振り返る。
DSC02592.jpg

登りの途中で立山連峰を見ながらお昼。
DSC02593.jpg

13:00別山乗越 正面に剣岳が見えるはずだが雲が出てきて雨もパラパラ。
剣山荘へはルートがいくつかあるようだが、途中から一緒に登ってきた
富山のお姉さんが剱沢小屋へ行くというので剱沢ルートへ。
DSC02598.jpg

DSC02599.jpg

14:20剱沢キャンプ場
実はお姉さん富山TVの方で「劒岳 点の記」の撮影の時も通わたそうで
スタッフもみなお友達。同伴者と間違われた私もビールをご馳走になる。
DSC02602.jpg

15:10剣山荘着。
部屋はきれいでシャワーもあり快適で、7時には就寝。
剱山荘前から別山を望む、左下に剱沢小屋。
DSC02605.jpg
















posted by MT at 15:44| Comment(0) | 登山

2017年08月16日

夏休み

DSC02469.jpg

DSC02482.jpg

DSC02531.jpg

DSC02536.jpg



posted by MT at 13:55| Comment(0) | 日記

2017年08月13日

薬師岳二日目(薬師岳山荘〜薬師岳〜折立)

前日早く寝すぎたので2時ごろから目が覚めてしまい、3:45出発。
標高2700mの朝にしては寒くない。
DSC02382.jpg

DSC02381.jpg

奥のピークに明かりが見えるあれが山頂かな。
DSC02385.jpg

4:50 薬師岳2926m山頂
日の出の時刻だが、ガスってしまった。
DSC02398.jpg

DSC02395.jpg

何も見えないので下り始めると、雲の合間から太陽が顔を出す。
DSC02408.jpg

DSC02410.jpg

DSC02415.jpg

カールに雲が下りていく。
槍ヶ岳だけは、いつでもすぐわかる。
DSC02427.jpg

少し下りてきて、薬師岳を振り返る。
DSC02437.jpg

黒部五郎岳・笠ヶ岳、遠くに御嶽山。
あ〜あ、まだ登らなくてはいけない山がたくさん残っている。
DSC02440.jpg

槍ヶ岳・穂高連峰。
DSC02445.jpg

DSC02441.jpg

6:00山荘まで戻り、コーヒーを沸かして朝食、6:30出発。
DSC02446.jpg

DSC02448.jpg

天気は良いし、後は下るだけで気持ちいい。
DSC02449.jpg

DSC02451.jpg

DSC02454.jpg

DSC02455.jpg

DSC02458.jpg

8:40太郎平小屋、来るときは見えなかった薬師岳。
DSC02461.jpg

下るだけと気楽に思っていたら、足が重くなってくる。
だんだん内ももが痛くなり、早く着かないかと登頂の喜びも忘れ、
ひたすら下る。
DSC02463.jpg

12:50へとへとで折立着。
DSC02466.jpg

帰ってきて三日間は、久し振りの筋肉痛で普通に歩くのも辛かった。
当分山はいいと思っていたが、こうして振り返ると
辛いことは忘れあの時の喜びを思い出す。
DSC02431.jpg






posted by MT at 15:07| Comment(0) | 登山

2017年08月09日

薬師岳一日目(折立〜薬師岳山荘)

自宅からだと登山口までのアプローチが遠い北アルプス薬師岳。
ナビでは富山経由のルートとなるが、松本から安房峠を超え
平湯からR471経由で有峰林道東谷線に入ると富山経由より180kも近い。
前日朝に出発して16:00折立に着く。
DSC02291.jpg

DSC02293.jpg

駐車場はほぼ満杯で、一人宴会をして車中泊。
DSC02296.jpg

6:30出発。 
みなさん朝が早い、山小屋泊なのでとゆっくりしていたら、車中泊組の最後尾。
DSC02298.jpg

2時間くらい急な登山道を登ると、視界が開けなだらかな道になる。
DSC02307.jpg

DSC02315.jpg

日が照ったり、曇ったりの天気だが、結構汗をかく。
DSC02318.jpg

DSC02321.jpg

整備されて歩きやすいが、太郎平小屋まで長い。
ビールとワインと食料でザックが重い。
DSC02323.jpg

DSC02326.jpg

DSC02328.jpg

DSC02329.jpg

11:15太郎平小屋着。
お昼を食べて1時間休憩。
DSC02332.jpg

DSC02331.jpg

DSC02334.jpg

薬師峠までは30分。
DSC02342.jpg

薬師峠のテント場。
ここは水場があり、冷たくておいしい。
DSC02343.jpg

DSC02344.jpg

ここからの沢の登りがきつい。
太郎平をふりかえる。
DSC02348.jpg

岩ゴロを登りきると、薬師平。
DSC02350.jpg

ご褒美みたいにお花畑が広がる。
DSC02354.jpg

DSC02355.jpg

DSC02362.jpg

DSC02365.jpg

DSC02368.jpg

あともう少し?
DSC02372.jpg

14:50薬師岳山荘着。
DSC02373.jpg
予約時に混んでいるとのことで覚悟していたが、ふとん一枚に一人でよかった。
同じ年の静岡のご夫婦や、千葉のおじさんと、老後生活で話がはずみ
重かったワインとビールを消費して一日目終わり。


























posted by MT at 15:48| Comment(0) | 登山